遺言の種類と作成の流れ

遺言書には、大きく分けて
・遺言者自身が作成する「自筆証書遺言」
・証人2人以上の立ち会いのもとで公証人が作成する「公正証書遺言」
があります。

 

遺言書作成の流れ

遺言書作成の流れ

 

それぞれの遺言の特徴

種 類
自筆証書遺言
公正証書遺言
作成方法
遺言者が
@全文
A日付
B氏名
を自書し押印する
証人2人以上の立ち会いの下、
@遺言者が遺言内容を公証人に口述し公証人が筆記
Aこれを遺言者及び証人に読み聞かせまたは閲覧させる
B遺言者及び証人2人が署名・押印
C公証人が署名・押印
証人要否
不要 2人必要
印鑑
認印も可 遺言者は実印・証人は認印可
遺言書の保管
遺言者の保管 原本は公証役場で保管
遺言者には正本と謄本が交付される
家庭裁判所
の検認
必要 不要

 

それぞれの遺言のメリットとデメリット

自筆証書遺言

メリット ・手軽に作成できる
デメリット ・書く手間がかかる。
・様式不備で無効になる恐れがある。
・偽造や紛失、盗難の恐れがある。
・家庭裁判所の検認手続きが必要で相続人の手間がかかる。

公正証書遺言

メリット ・公証人が作成するので、様式不備で無効になる恐れが少ない。
・原本を公証役場で保管するので、偽造や紛失の恐れがない。
・検認手続きが不要。
デメリット ・公証人手数料などの費用がかかる。
・公証人との事前打合せ、当日の内容確認などの手間がかかる。
・証人の立ち会いが必要になる。
・内容を公証人と証人に知られる。

 

 

まずは、お気軽にお電話ください。