遺言の執行について

遺言執行について

遺言執行者は、遺言書の内容・趣旨にそって、相続財産を管理し、相続のための各手続きを行ないます。

遺言執行者は遺言で指定することができます。
複数の遺言執行者を指定することもできますし、遺言執行者の報酬も遺言の中で決めておくこともできます。

遺言執行者が指定されていないとき、指定された遺言執行者が行えないときなどには、家庭裁判所に選任してもらいます。

遺言執行者の任務

具体的には、遺言執行者は次の任務を行ないます。

  • 相続人へ遺言書の写しを添付したうえで、遺言執行者に就任した旨を通知します。
  • 相続財産目録を作成して、相続人へ提示します。
  • 不動産の相続登記の手続きを行ないます。
  • 遺言書の中に相続人を廃除する旨の遺言があった場合は、家庭裁判所に相続人廃除の申立てを行ないます。
  • 遺言書の中に認知する旨の遺言があった場合、市町村役場に認知の届出を行ないます。
  • その他、相続財産の管理、遺言の執行に必要な一切の行為を行ないます。

 

まずは、お気軽にお電話ください。