遺産分割について

遺産分割の方法

遺産分割には、大きく分けて次の3つの方法があります。

現物分割

財産の一つ一つについて、誰が相続するかを決める分割方法です。

例えば、

  • 住んでいた土地・建物は長男
  • 隣町にあるアパートは長女
  • 預金は長女
  • 株式は次女

のように、現物をそのままに分割する方法です。

代償分割

例えば、相続人が3人で、相続する財産が住んでいた土地・建物だった場合、3人で分けるのは現実的に難しいと思います。

このような場合、長男が土地・建物を相続して、残りの二人に相続分に見合う代償金を払うという分割方法です。

換価分割

上記の例の場合、土地・建物を売却してしまって、その代金を3人で分けることもできます。
このような分割方法を換価分割といいます。

 

遺産分割時の注意点

遺言書の確認

まず、遺言書の存在を確認します。
遺言書があれば、その内容にそって相続することになりますので、遺産分割の協議をしても意味のないものになってしまいます。

相続人全員の合意であること

遺産分割は、相続人全員の合意であることが必要です。
1人欠けていても、有効な遺産分割とはなりません。
そのためにも、きちんと戸籍調査をして、相続人を確認しておく必要があります。

 

未成年者がいる場合

相続人が未成年の場合には、法定代理人である親が遺産分割協議に参加することになります。

但し、親と未成年の子供が相続人である場合(母親と子供が相続人で、子供が未成年のようなケース)は、家庭裁判所に特別代理人の選任を申し立てるようになります。

これは、未成年である子供に不利益な遺産分割にならないようにするためです。

遺産分割協議書についての詳細 →

 

まずは、お気軽にお電話ください。