相続人調査について

戸籍調査が必要です

相続人は誰なのか、何人いるのかをキチンと把握するために戸籍調査を行ないます。

現在の戸籍謄本だけでは、過去の婚姻関係や親子関係が分からない場合があります。
そのため被相続人(亡くなられた方)の出生時まで遡って戸籍謄本を集めて調査します。

戸籍調査

仮に被相続人が昭和10年生まれだとすると、その当時から死亡までの戸籍謄本が必要になります。

そのため戸籍調査には専門知識が必要になります。

 

相続関係説明図とは?

戸籍調査で確認した相続関係を元に、相続関係説明図を作成します。

この相続関係説明図が不動産や銀行預金などの名義書換の際に必要となります。

相続関係説明図

 

まずは、お気軽にお電話ください。