相続人とは

誰が相続人になるの?

誰が相続人になるかは、民法で決められています。

まず、配偶者がいる場合は常に相続人となります。

それ以外の相続人については、次の順位で相続人になります。

第1順位 子供

子供が既に亡くなっていて子供がいる場合は、その子供(孫)が相続人になります。(代襲相続)
配偶者がいる場合は、配偶者1/2、子供全体で1/2が法定相続分となります。

第2順位 父母

第一順位の相続人がいない場合に相続人となります。
配偶者がいる場合は、配偶者2/3、父母全体で1/3が法定相続分となります。

第3順位 兄弟姉妹

第一順位、第二順位の相続人がいない場合に相続人となります。
兄弟姉妹が既に亡くなっていて子供がいる場合は、その子供(甥・姪)が相続人になります。(代襲相続)
配偶者がいる場合は、配偶者3/4、兄弟姉妹全体で1/4が法定相続分となります。

 

相続分はどんな割合?

各相続人の相続分についても、民法で定められています。
これを法定相続分といいます。

法定相続分は、誰が相続人かで変わってきます。

■ 民法で定められた法定相続分
順位
相続人
相続割合
第1順位 子供・配偶者 子供:1/2
配偶者:1/2
第2順位 父母・配偶者 父母:1/3
配偶者:2/3
第3順位 兄弟姉妹・配偶者 兄弟姉妹:1/4
配偶者:3/4

遺産分割をすることで、法定相続分と異なる相続をすることも可能です。
(例えば、相続人の中の一人が全てを相続する等)

 

相続する財産には何が含まれるの?

相続財産には、下記のものが含まれます。

  • 土地・建物などの不動産
  • 現金・預貯金
  • 株式など有価証券
  • 貸付金・売掛金などの債権

また

  • 住宅ローン
  • 銀行からの借入金などの借金

などマイナスの財産も相続する財産です。

相続財産についての詳細 →

 

まずは、お気軽にお電話ください。