子供より可愛いペットに財産を相続させたい

夫が亡くなり、子どもたちもそれぞれ独立。

今では、可愛い犬や猫が家族。

子供よりもペットの方が可愛い!

できることなら、ペットに財産を相続させたい!

そんな方もいらっしゃるようです。

ペットに財産をゆずりたい

しかし、残念なことにペットに相続する権利はありません。

財産を相続して所有できるのは、人間だけです。

でも、「ペットを可愛がって面倒をみてくれる」ことを条件に、指定した人に財産を譲ることができます。

これを「負担付遺贈」といいます。

「負担付遺贈」とは、財産をあげる見返りに一定の義務を負担してもらうことです。

ペットの面倒だけでなく

「年老いた妻の面倒をみてもらう」

「介護の必要な夫の面倒をみてもらう」

「障害を抱えた子供の面倒をみてもらう」

「愛犬の面倒をみてもらう」

などの義務を負担してもらうこともできます。

なお、面倒をみるように指定された人(受遺者)は、譲り受ける財産の価値を超えない限度で、負担した義務を履行しなければならないと民法で規定されています。

つまり、譲り受ける財産以上の、義務を負う必要はありません。

また、面倒をみるように指定された人は、その義務を負担するのが嫌であれば、遺贈を放棄することができます。

ですから、「負担付遺贈」するのであれば、事前に義務を負担して貰う人から了解を得ておくことが大切です。

そのうえで、後々相続人間でもめないように、その旨をキチンと遺言書に残しておくと良いでしょう。

しかし、遺言書が法律で定められた要件を満たしていなければ、法的に有効な遺言とはなりませんので、注意が必要です。

そのためには、

●公証人が作成するので、証拠力が高い

●家庭裁判所での検認の手続きが必要ない

「公正証書遺言」で遺言されることをおすすめします。

もし相続や遺言について分らないことがあれば、相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

横浜市都筑区での相続の無料相談はこちらから → →

 

娘の夫に相続させたいが・・・

一人っ子が増え、婿養子でなくても奥さんの両親と同居するケースが増えてきました。

いわゆる「マスオさん」といわれるパターンです。

そのため、「娘の夫に相続させたい」というご要望も増えてきています。

特に一緒に事業などをしている場合は、なおさら跡を継がせたいというお気持ちが強いようです。

娘の夫に相続させたい

このような場合、「娘の夫」にも相続権はあるのでしょうか?

答えは、「相続権はない」ということになります。

たとえ同居しても「娘の夫」は、「義理の息子」ではありますが、「法律上の息子(実子・養子)」ではありません。

ですから、法律上の息子ではない「娘の夫」には相続権はないのです。

もし、「娘の夫」に相続させたい場合にはどうすればいいのでしょう?

1つは、義理の息子と養子縁組をする方法です。

養子縁組をすれば、養子も実子と同じように相続できることになります。

もう一つは遺言書に「娘の夫に遺贈する」旨を記載する方法です。

遺言書で「娘の夫」に遺贈することによって、実質的に財産を相続させることが可能です。

遺言書の場合は、指定した財産を希望どおりに「娘の夫」に譲り渡すことができます。

例えば、「遺言者の有する不動産を、娘の夫である○○に遺贈する」というような遺言をすることで、「遺贈」により相続することが可能になります。

しかし、遺言書が法律で定められた要件を満たしていなければ、法的に有効な遺言とはなりませんので、注意が必要です。
そのためには、

●公証人が作成するので、証拠力が高い

●家庭裁判所での検認の手続きが必要ない

「公正証書遺言」で遺言されることをおすすめします。

もし相続や遺言について分らないことがあれば、相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

横浜市都筑区での相続の無料相談はこちらから → →

 

 

亡くなった父に隠し子が……相続はどうなるの?

亡くなった父親に隠し子がいたことがわかって・・・。

テレビドラマでよくあるパターンですね。

ところで、この隠し子は相続することができるのでしょうか?

隠し子の相続

もし、この父親が自分の子供であると「認知」している場合は、この隠し子にも相続権があります。

父親に認知されていない場合には、父親の遺産を相続することができません。

この隠し子のように、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子供は「非嫡出子」と呼ばれます。

以前は、法律上の夫婦間に生まれた「嫡出子」と「非嫡出子」では、相続分が違いました。

「非嫡出子」は「嫡出子」の半分しか相続分がなかったのです。

しかし、現在では入籍しない夫婦やシングルマザーの増加など、婚姻関係の形も多様化してきました。

そこでこの差別は、法の下の平等を定める憲法に違反しているとされて、平成25年に民法の一部が改正されました。

平成25年9月4日以降に開始した相続については、「非嫡出子」も「嫡出子」と同じ相続分になっています。

また、平成13年7月~平成25年9月4日までの間に開始した相続のうち、裁判所による判断が確定していない相続や、和解が成立していない場合にも「非嫡出子」も「嫡出子」と同じ相続分になります。
(既に遺産分割が確定している場合は、遡って変更することはできません。)

この隠し子は、「兄弟姉妹」として相続する場合は、その相続分に影響してきます。

他の兄弟からみれば、父親が同じだが母親が違う異母兄弟ということになります。

このように父母のどちらかのみが同じ兄弟姉妹を「半血兄弟姉妹」といいます。

民法では、「父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。」と規定されています。

つまり、「兄弟姉妹」として相続する場合には、半血兄弟姉妹の相続分は、他の兄弟の半分ということになります。

もし相続や遺言について分らないことがあれば、相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

横浜市都筑区での相続の無料相談はこちらから → →

 

9月も「遺言と相続の無料相談会」を開催します

遺言・相続専門の行政書士、安藤 優介です。

横浜市都筑区の当事務所で、遺言・相続の無料相談会を開催いたします。

9月の日程は、下記のとおりです。

【9月の無料相談会】
●9月1日(土)
●9月2日(日)
●9月15日(土)
●9月16日(日)

「こんな場合は、どんな相続になるの?」

「こんなケースでは遺言書にどう書くべきなの?」

などなど

遺言・相続に関することなら、どんなことでも無料でご相談をお受けしておりますので、お気軽のご参加ください。

なお、完全予約制となっておりますので、事前にご予約ください。
↓  ↓
ご予約はこちらから

 

 

お腹の中の赤ちゃんは相続できないの?

お腹の中に赤ちゃんがいるのに、その父親が亡くなってしまう・・・。

とても悲しいことですが、現実にあり得ることです。

このような場合、お腹の中の赤ちゃんにも相続権は認められるのでしょうか?

胎児の相続

実は、胎児にも相続権は認められているんです。

まだ生まれていない胎児には権利というものがありませんが、相続については「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす」と民法で、決められています。

ただし、この規定は、「胎児が死体で生れてきたときは適用しない」とされていますので、死産の場合は相続権は認められません。

胎児が無事に生れてくれば相続権が認められますが、死産の場合には、相続人として存在しなかったものとして扱われます。

ですから赤ちゃんが無事に生まれた時点で相続人が確定し、法定相続分も確定することになります。

そのため、遺産分割は無事に出産して、赤ちゃんが相続人と確定してから行うことになります。

このようなケースですと、赤ちゃんと母親が遺産分割することになります。

法律上の権利を行使する場合、通常は法定代理人である母親が赤ちゃんの代理をすることになります。

しかし、遺産分割協議をする場合は、赤ちゃんと母親の利益が相反しますので、母親は赤ちゃんの代理人になることができません。

そのため遺産分割協議をする場合には、家庭裁判所で赤ちゃんの特別代理人を選任してもらうことになります。

また、胎児は「代襲相続」することもできます。

例えば、父親と祖父が同時に亡くなった、あるいは父親が亡くなった後で祖父が亡くなったような場合は、父親に代わって、胎児が祖父の財産を相続することになります。

もし相続や遺言について分らないことがあれば、相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

横浜市都筑区での相続の無料相談はこちらから → →