遺言書の作成

法律的にも有効な遺言書にするためには、法律に従って作成する必要があります。

しかし、遺言者自身が作るため、要件にあてはまった正しい遺言書を作成することがなかなかむずかしく、また、紛失など保管するうえでの問題もあります。

そこで、当事務所では「公正証書遺言」をおすすめしております。

公正証書遺言は、遺言者本人が、証人2人以上の立ち会いのもとで、遺言の趣旨を公証人に口述して、公証人が作成する、公正証書による遺言をいいます。

公証人は、元裁判官・元検察官など法律の専門家の中から選ばれています。このため、遺言の内容について、法律的な効力が問題とされることはまずありません。

公正証書遺言を作成するにあたっては、資料の収集や原案を作成するなど、時間と労力がかかりますし、法的な専門知識も必要になります。

そこで当事務所では、公正証書遺言の作成をサポートする業務を行っております。
これにより、短期間で正確な資料の収集や原案作成が可能になります。

■公正証書遺言の詳細 →
■遺言の執行について →

 

まずは、お気軽にお電話ください。